スタッフブログ「暑い夏に注意!アイフォンの発熱!」

こんにちは!

街のiPhone(アイフォン)修理のiLabo(アイラボ)です。

 

アイフォンを使っていると、異常に本体が熱を持ってしまい不安になる・・ということってよくありますよね?

ということで本日は、暑い夏に特に気を付けてほしい!

「アイフォンの発熱原因とその対策について」を更新いたします(^^)♪

  

外気温が高い状態でアイフォンを使うとアイフォン本体が熱を持つ確率が高くなります。

具体的にどういう時に熱を持ちやすいかというと、

  

・車のダッシュボードに長時間放置する

・充電したままアイフォンを使い続ける

・室温の高い部屋でアイフォンを充電する

・直射日光に当てた状態で放置する

・プログラムにエラーが起きている

  

といった場合が考えられます。

  

アイフォンの温度が通常作動域を越えるとこのような警告表示がロック画面に現れます。

Apple公式ページの説明ではアイフォン本体の温度が35以下に下がらないと警告表示は消えないそうです。

 

 

 

この警告表示がされる前にも、充電がストップする、画面が消える(もしくは暗くなる)、ナビゲーションが音声案内のみになる、携帯電話機能が低電力モードになり電波受信が弱まる、カメラフラッシュが使用不可になる等が起きるとされています。

 

では、発熱が起きた場合どのように対応すればいいのでしょうか?

  

まず、アイフォンを動かせる状態ならば、動いているアプリを終了させ、極力アイフォンに演算処理をさせない状態にしましょう。

アイフォンには演算処理や情報転送を行うCPUという装置があります。

このCPUは処理を行う際に発熱します。そして、この発熱に放熱が追い付かず、アイフォンが熱くなることがあるんです!(><)

原因のアプリを特定できない場合は、アイフォンの再起動を行うことをオススメします(^^)☆

 

 

アイフォンがすでに起動しない場合、

  

・扇風機に当てる

・日陰に置く

・温度が低い部屋に移動する

  

この方法を使って、ゆっくりアイフォンが冷えるのを待つことが大切です。

冷蔵庫などで急激に冷やすと、内部結露が発生する可能性があり、いわゆる水没のような状態になってアイフォンが故障する可能性があります!(><)

  

アイフォンの発熱で慌ててしまうと思いますが、落ち着いてまずは涼しいところに移動しましょう。

今年の夏も暑くなりそうですが、人間もアイフォンも暑いところで我慢しすぎたり、頑張りすぎるとダメになってしまいます。

ほどよい休憩と熱くなりすぎないような工夫(人間の場合は水分・塩分補給も!)で、今年の夏も元気に乗り越えたいものですね!(^0^)/

 

「街のiPhone(アイフォン)修理のiLabo(アイラボ)」は、みなさまのご来店を心よりお待ちしております(^^)/

   

〜アイフォンの故障を、地元で修理は済ませたい!と思っている方へ☆〜

  

アイラボへのご来店を、心よりお待ちしております。

 

********************************************************

〜閲覧いただきありがとうございます〜

Facebookページへの「いいね!」クリック☆

ご協力ください

FACEBOOK

********************************************************