iPhoneボタン交換

2年もすれば携帯電話買い替えの時期ですが、iPhoneはバッテリーの寿命も1年~1年半と短く、動作に関してストレスを感じることが増えてくることも。
ただでさえ衝撃や水気に弱いiPhoneですが、更にホコリも大敵です。
経年劣化を加速させる原因の一つと言われています。

iPhoneの中で、経年劣化で使用に支障が出てくる箇所は、ホームボタンと電源ボタンが代表的です。

iPhoneその他の修理

iLaboではその他様々な修理に対応いたします。

故障箇所 症状
マナーモードスイッチ スイッチ頭部が取れた
SIMスプリングピン SIMカードトレイが出てこない
フロントベゼル 側面の銀のフチの破損・歪み
カメラ カメラの故障・割れ
イヤスピーカー 通話時に受話部から相手の声が聞こえない
ヘッドホンジャックフレックスケーブル ヘッドホンから音が聞こえない
ボリューム・マナーモードスイッチが効かない
センサーフレックスケーブル 電源が切れない/スリープが効かない、近接センサーが効かない
ドックコネクタ 充電・同期ができない
スピーカー 内臓スピーカーから音が出ない
バイブレーター マナーモードにしても振動しない
電源ボタン 電源ボタンの破損・紛失
マイク 通話時に相手に声が届かない
ボリュームボタン 音量の変更ができない
ホームボタンケーブル ホームボタンが効かない
液晶・ガラスクリーニング ゴミ・ホコリが入ってしまった
各種点検作業 各パーツの接触などの点検・修理